きちんと計測したことのなかった水越峠(大阪側)をタイム計測してみた

低回転ライド

5月5日日曜日。前日に同窓会がありちょっと帰りが遅くなってしまいました。そのため、午前中はダラダラしてしまい、結局ロードバイクに乗ろうと決心したのはお昼頃でした。

パスタを腹に詰め込んでから12時に出発。特に行き先を決めずに家を出ます。いつも通りとりあえず大和川に向かいます。

今日はそこまで長時間走る時間を取れないこともあり、いつもよりも重いギアを踏んで走ってみることにします。ケイデンスもいつもは平地を90~105くらいで無意識に走っているので75前後に設定します。また、前日の同窓会での飲み食いした分増えるであろう脂肪分を減らすために心拍数はあまりあげず140前後で走ってみようと考えていました。

大和川に行き、東の山に向かって足をすすめます。だいたいケイデンスが80を越えたらギアを上げるようにしていると気づいたら巡航速度は38km/hほどになっていました。どうやら追い風のようで南西の風が6mi/hほどのようです。

まるで自分が速く走れているように感じますが、実際には帰り道に向かい風になってその幻想をぶち壊されてしまうことになります。

大和川を快走しながら山を見るといつもと様子が違いました。山がはっきりと見えるのです。いつもは花粉なのか黄砂なのかはわかりませんが、今日ほどはっきりと遠くの山が見えたことはないくらいくっきりと見えています。左手に生駒山系、右手に金剛山系の景色がまるでパノラマのように広がっていてこれを見るためだけでも今日のロードバイクは満足というほどでした。

しかし、走りながらこの追い風を利用すれば山も楽に登れそうだなと感じました。そこでいつもらならばグリーンロードで山を縦断するところですが、今回は峠を越えて奈良のほうまで行ってみようかと考えました。どこに行くか悩みましたが水越峠に行ってみることにします。

水越峠自体は何度もはしってことがあるのですが、TTコースとしては森屋交差点がスタート地点になるそうです。普段はグリーンロードから309号線に入るのでいまだにコース通りに上ったっことが無かったのです。

水越峠に向かうために大和川から石川サイクリングロードに入ります。しかし、ここで風向きが向かい風になってしまいます。大和川では36~38km/hで心拍数が145前後だったのですが、石川に来たとたん28km/hでも心拍数が165ほどに跳ね上がってしまいました。やはり風の影響は半端ではないなと実感します。

309号線に行くまでサイクリングロードを通りますが、家族連れが多く子供がいつ自転車の前に飛び出してくるかとひやひやものです。しかし、そんな中でも対向してくるロードバイクにはなぜかエアロバーを取り付けてエアロポジションで走っている人が多かったです。危なくはないのでしょうか。

そんなことを考えながら走っているとサイクルロードが終了し309号線に入ります。TTコースは森屋交差点がスタート地点ですがそこに行くまでにも結構坂が続いています。追い風もそこまできつい風ではないため、心拍数はあっという間に170台になってしまいます。当初の目的のうちの心拍数を抑えめで走るというのはどうも厳しそうです。

やっとのことで森屋交差点に到着。一応タイムを計測しますが最近の状態ではいいタイムにはならないだろうなと思っていたのですが、考えてみると水越峠の平均タイムなどについて全く知りません。距離もおおよそしかわからないためとりあえず30分程度で登れればいいかなと考えます。

スタートすると思ったよりも傾斜があり、さっさとインナーの落としてしまい淡々と一定ペースで登ることにします。しかし、スタートしてすぐにある信号に引っかかってしまいました。幸先が悪いようです。信号が青に変わり再び走り出してしばらくすると再び309号線に合流するポイントで停止。どうも二か所ほど止まる可能性があるコース設定になっているようです。

309号線に入ると何度も走ったことのある知った道です。基本的にはほぼ一定の勾配で登り続けていくことになります。以前水越峠を登っている人のブログなどを見たことがありますが、走れる人はこのくらいの斜度ではアウターでガンガン登っていくようです。インナーで登っている時点でかなり遅いタイムになってしまうのではなかろうかと思いました。

途中に気温を表示するボードがあり、20℃と出ています。しかし、日差しが結構強く暑さを感じます。というよりも「山の下りは寒いかな」と思ってサイクルウェアの下にヒートテックの7分袖を着てきたのですがこれは大失敗でした。20℃をこんなに暑く感じるとは思いませんでした。7分袖をめくりあげて肘までめくっているのですが、胴体部分がオーバーヒート状態です。立ち止まって脱いでしまおうかとも考えましたが、そこまで道幅が広くなく交通量もそこそこあるので我慢して登り続けます。

そうこうしていると水越トンネルが見えてきました。ここからは旧道のほうに移動します。旧道に入っても登山客の車などがずらずらと並んでおり、後ろから車も追い抜いていくため走りやすいとは言えませんが、木々の影の下を走ることになるので暑さが和らぎます。川のせせらぎも聞こえてくるので気持ちよく走れました。

しかし、水越峠を走り始めてから心拍数は180台を維持しています。大した斜度でもない道で、そこまでスピードが出ていないのになぜここまで心拍数が上がるのかと思ってしまいます。やはり冬の時期にコタツに入りっぱなしだったのはよくなかったようです。

旧道の最後のほうにあるいつまでも陥没した道路を越えるとゴール地点が見えました。すると一人のロードバイク乗りの姿が見えます。私よりもペースが遅いようでもしかすれば追いつけるかもと思い、少しペースを上げてゴールを目指します。

しかし、結局その人が一足早くゴールに到着してそのすぐ後に私もゴールとなりました。タイム計測の結果は27:02でした。とりあえずの目標だった30分はクリアです。

あとで家に帰って調べてみると水越峠(大阪側)の平均君は26:04とのことです(現時点で)。もう少し体重を落として走り込めば24分台くらいにはなるでしょうか。

さて、水越峠に来たものの暑さでかなりしんどくこれから奈良に出るか引き返すか迷ってしまいました。ですが、ここまで来たのだから奈良に行かずに帰るのはもったいないということで奈良側に降りていきます。次回に続きます。