ロードバイクでのウエストポーチの使用について

ウエストポーチ

今はもう使っていないのですが、以前ロードバイクに乗るときにウエストポーチを使っていました。

初めてロードバイクを購入したときは「自転車(ロードバイク)を買えばそれで十分」であると思っていたのですが、実際に乗ってみるといろいろと困ったこと、必要なものが出てきます。その中の一つに「荷物をどうするか」という問題がありました。

その時勝ったロードバイクは15万円ほどで、当時の私の認識としては自転車に15万円も出すというだけでもあり得ないことであり、それ以上に自転車用品を買うつもりがありませんでした。しかし、走る際には例えば鍵や財布、カメラや地図など自転車で走るときに持っていきたい荷物がいろいろとありました。

荷物といっても走る際に持っていきたいだけなのでリュックのようなものはあまりにも大きくなりすぎます。あくまで小物類を持っていきたいだけでした。

これは今ならば、サドルバックに入れたり、サイクルジャージの後ろポケットに入れたりするので小物類ならば問題ありませんが、サドルバックだけでも値段が2500円、サイクルジャージに至っては数千円から数万円まで値段がして到底買えませんでした。

そこで、ほかに代用品がないかと考えて目を付けたのが「ウエストポーチ」でした。このウエストポーチを腰に巻いてやればロードバイクに乗るときにも邪魔にはならず走りやすいのではないかと思ったのです。

ウエストポーチ

実際にウエストポーチを使ってみると思った以上にたくさんのものが詰め込めますので、非常に助かりました。だいたいのものにはいくつかのポケットなどがついているのでどこに何を入れておくかを決めておけばすぐに取り出すことも可能ですし、使い勝手はいいのではないかと思います。

しかし、いくつか問題点もありました。まず、1つ目は「自転車向きには作られていない」という点です。当たり前ですね。この自転車向きではないというのは、ウエストのベルト部分に問題がありました。通常であればウエストポーチをつけて歩く程度の動きを想定してあり、自転車のように長時間腰の部分が動き続けるという環境を想定はしていないのです。つまり、ウエストポーチをつけて走っている場合、ベルト部分が振動でずれてズルッとずり落ちてくることがありました。

こう書くとなんでもないようなことかと思ってしまいそうですが、実際には結構大きな問題になります。というのも、ウエストポーチのベルトがずれて大きくなりずれ落ちてしまうと、ポーチの部分がサドル後方に引っかかってしまうのです。そのため、腰とサドルがドッキングされてしまう格好になり、ダンシングや自転車の停車時に腰をサドルから離そうとしても離れないという困ったことになってしまいます。場合によっては事故につながる可能性もあり、非常に危険であるといえるかもしれません。

この対処法をいろいろと考えました。ベルト部分の長さ調節はプラスチックの金具で紐の長さを調節するようになっているのですが、これはどう頑張ってもロードバイクでの腰の動きに耐えられませんでした。そこで、見た目が悪いのですが、一度緩めにベルトの長さを調節してから余ったベルトを輪ゴムを使ってギュッとくくってしまうことにしました。輪ゴムでくくるベルトの量でウエスト周囲を固定してしまえば、それ以降ずり落ちてくることはありませんでした。見た目を気にしないというのであれば有効な方法かと思います。

もう一つの問題点としてウエストポーチにそれなりの大きさと硬さを持つ荷物を入れるとそれが腰に当たって痛くなってしまうという点です。ちょっとしたものでも数時間ロードバイクに乗っていると思った以上に体への負担になってしまうようでした。タオルをかましたりしましたがなかなか痛みが出るものへの対処は難しかったです。

最後は私の使用していたものではツーリングマップルが入らない大きさだったのも少し困ったこととして記憶しています。特にロードバイクに乗り始めたころは道が不安で常に地図を見ながら走っていたいくらいだったのですが、ツーリングマップルは結構大きいというかページ数の加減で厚みがあったためウエストポーチには入りませんでした。それでもどうしても必要なときに一度だけ力ずくで丸めて入れたことがありましたが、停車時などに取り出しにくいので使い勝手が悪かったです。もう少しポーチが大きければとも思いましたが、それ以上大きいと普段の使用では邪魔になりそうで加減が難しかったです。

結局サイクルジャージを購入してからはウエストポーチを使用することはなくなりました。しかし、ロードバイクを買ったばかりで専用のジャージを持っていないという人であれば意外と使えるということを知っていても面白いのではないでしょうか。