ロードバイク用のヘルメットの使用期限について

はや3年

ロードバイクに乗り始めてあっという間に3年以上が経過したのですが、最近アウグーリオで気になる一文を目にしました。

「ヘルメットには耐用年数があるのをご存じですか?」という文字です。

ロードバイクに乗るにあたってはヘルメットが必要になります。現状では法的に強制力のあるものではないようですが、必ず使用したほうが良いと感じています。まれにヘルメットを着けずに(忘れて)走りに行ってしまった時などはものすごくそわそわしてしまうくらいになっています。

さて、私はロードバイクを購入して実際に遠出するようになってからヘルメットを購入したわけですが、もうそれから3年経過しています。この3年というのは一区切りになるようです。

つまりヘルメットの耐用年数は3年間となっているからです。メーカー側の主張するところでは3年以上経過したヘルメットは緩衝剤の経年劣化が始まるため、たとえ使わずに保存していた場合でも交換が必要ということです。

本当かな?と思わなくもないですがこの3年間というのはロードバイク用のヘルメットに限った話ではないようでオートバイのヘルメットでも同じように3年間が耐用年数となっているようです。

また、そのほかにもこれ以上使用してはいけないという条件が存在します。それは「ヘルメットに強い衝撃が加わった場合」です。

ヘルメットに衝撃が加わると緩衝剤がその衝撃を和らげてくれるわけですが、これは外から見えない部分での話になります。つまり、落車などでヘルメット越しに頭を打ったとして、たとえその時にヘルメットにも傷が無かったとしても緩衝剤が衝撃を吸収してくれているわけです。

そして、この緩衝剤は一度きりの衝撃しか和らげることができないそうなのです。そのため一度落車して衝撃が加わったヘルメットは見た目に傷が無くて使えそうに見えても、次回の落車時には衝撃を吸収する能力がないということになるようです。

実は私も去年高野山で落車してしまいました。一瞬のことであり、肘や膝を打ったので頭は打っていないとその時は思っていたのですが、今から考えると頭を打っていてもおかしくはない状態でした。特に傷が無いので使い続けてしまいましたが、もしもその時にヘルメットに衝撃が加わっていたとしたらと考えると、耐用年数のこともありますしここらが替え時かなと思いました。

また、この緩衝剤について本当か嘘かよくわからない話も聞いたことがあります。

テレビ番組で宇都宮ブリッツェンの監督でありJスポーツでの解説者としてもおなじみの栗村修さんが言っていたのですが、ヘルメットはきちんと画面のように頭頂部を上にして置かないといけないといっていました。

ヘルメット2

もし、反対に頭頂部が下になるように置いているとヘルメットにかかるすべての力が頭頂部の一点に集中するためよろしくないということです。そんなことが関係あるのかなと思ってしまいますが、そういうならば念のためにもそれ以降は頭頂部を上にして置くようにしています。

しかし、ヘルメットは1万円前後はする商品なので5年くらいの耐用年数があればいいのになと思ってしまいました。とはいえ安全のためにも3年ごとにきちんと交換していこうかなと思います。