ロードバイクと度付サングラスについて

目が悪い

私は子供の時から目が悪いため、常に視力を矯正して過ごしてきています。

中学生くらいの時からはサッカーをしていたため、プレイ中の安全のためにもメガネからコンタクトレンズへと交換して、それ以降はずっとコンタクトレンズを使用してきています。

しかし、現在ではサッカーはほとんどしなくなっており、運動と言えばロードバイクオンリーになってしまいました。

さて、このロードバイクですがどうもコンタクトレンズとは相性が悪いかなと感じています。というのも、常に正面から風を受けるため、ロングライドに行った後などはまず間違いなく目が乾燥して充血しているからです。

もっともこれは使用しているサングラスが安物で悪いというのもあるでしょう。私は現在はユニクロのサングラスを使用しているのですがコメントにてアドバイスもいただきました。だいたい「目に負担のないいいものを使え」ということで釣り用のものや射撃用のものまで紹介してもらいました。

また、先日木下サイクルさんのブログ記事に度付のサングラスというものが紹介されていました。若手ロードレーサーの期待の星である木下選手の話ではレース中にはコンタクトレンズが飛んで行ってしまうケースもあるとか。そこでもっぱら度付のサングラスを使用しているそうです。

コンタクトレンズを使用せずにクリアな視界を保ち、なおかつ長丁場かつ厳しい環境になるロードレースでも通用するサングラスというのは非常に魅力的だなと思いました。

で、この記事で紹介されていた「オードビー」というメーカーのサイトを見ていると興味深い文章がありました。それは眼のパフォーマンスについてです。(以下引用)

動態視力はスポーツビジョンの考えに則り、「1.2」の視力が出て「100%」とします。

たとえば「0.8」の視力であると「70%」ほどのパフォーマンスしか出ていないということです。

ここで問題になるのは、普段度数が弱かったりなど合っていない眼鏡を使用している場合、スポーツグラスだけ「100%」のパフォーマンスが出る度数にして製作すると非常に使いづらいということです。

度数が弱かったりなど合っていない眼鏡を使用している場合、使っていなかった眼の筋肉を突然よく見える状態の「100%」使うと、眼がその状態にとてもついていけないのです。

普段運動していない人がいきなり全力疾走するとどうなるかお解かりかと思います。

~どうすればよいか~

普段からトレーニング 【普段から見える(眼に合っている)眼鏡を使う】 ・・・・・・ ということをしていれば

全力疾走 【100%近い矯正値の(普段用の眼鏡よりよく見える)スポーツグラス】・・・・・・ ということをしても大丈夫(使いやすくできる)でしょう。

もし、貴方が「100%」に近いパフォーマンスを発揮させたいなら、普段のメガネから考えなくてはならないでしょう。

スポーツビジョンでは視力が1.2あって初めてパフォーマンスが100%になるというのは全く知りませんでした。

私の場合は現在はパソコンに向かっている時間が長いためか、コンタクトレンズを使用していても0.8程度ほどしか出ていない状態です。これだとおおよそ70%しかパフォーマンスを発揮できないということになるようです。

普段から100%になるようなメガネなりコンタクトレンズを使えというのはまあそうなるかなと思いました。普段0.8の視力で生活していて急に1.2の視力が出るサングラスを使った日には余計に目が疲れてしまうでしょうから。

そろそろ日の出ている時間も長くなってきて来ましたし、サングラスのレンズにはヒビも入っていることですしここらで一つ度付サングラスでも購入してみるのもありかもしれないなと思いました。