レーサーパンツの選び方(ハーフタイプ・ビブタイプ)

どっちがいいのか

ロードバイクに乗っているといろいろとほしいものが増えてきてしまいます。その中の一つにウェアがあります。

ロードバイクは長時間同じ姿勢で運動し続けるため、普通の私服などで乗ると大量の汗でびちゃびちゃになってしまいます。また、同様に長時間サドルに座っているためにお尻のほうも痛くなってきてしまいます。

そこで使われるのがレーサーパンツ、いわゆる「レーパン」です。このレーパンにはお尻とサドルが当たる部分にクッションなどがついているため長時間乗っている時のお尻の痛みがかなりましになるので多くの人が使用しています。

また、クッションだけではなくロードバイクに合わせて最適化された作りになっており、その動きを邪魔することがありません。ピタッとしたスパッツのようになっているため、ペダリング時にズボンがサドルやフレームにあたって邪魔していたのがなくなりますし、ズボンのすそがチェーンにあたって汚れてしまうということもなくなります。

さて、そんな便利なレーパンですが大きく分けて2種類のものが存在します。半ズボンタイプ(ハーフタイプ)かビブタイプ(ビブショーツ)のレーパンがあるのです。

初めてレーパンを購入したときにアウグーリオの住田さんにどっちのほうがいいのかなと相談したことがありました。その時におすすめされたのはビブタイプのレーパンでした。しかし、当時の私は使いやすそうという理由から半ズボンタイプを購入しています。のちにビブタイプも購入することになりました。

住田さんいわく半ズボンタイプのほうが扱いやすく手いいのですが、ロードバイクに乗車した姿勢では少し腰やお腹のあたりが寒い感じがするようです。ロードバイクに乗っていると山を下るというシチュエーションで暖かい時期にも体が冷えるタイミングというのが存在するため、ビブタイプのほうが体を冷やさずにいいよということでした。

しかし、トイレに行くときには少々厄介になります。レーパンを履いて上からサイクルジャージを着ているわけですからサッと脱ぐことができません。男性ならば前をグッとめくって用を足すこともできますが、女性ではできないためほとんどの方が半ズボンタイプを選択することになるそうです。しかし、男性であれば多くの人が一度ビブタイプを使用すればそれ以降もビブタイプを使い続けているよということでした。

実際に使ってみると確かにお腹の暖かさは違うように感じます。特に寒い時期に使う冬用ウェアであればビブタイプのほうが体が少しでも冷えるのを防いでくれるために助かると思います。

しかし、個人的にビブタイプには大きな欠点があると感じました。それは「肩が凝る」ということです。

ビブタイプでは常に肩が引っ張られるように負担がかかることになります。しかも、ロングライドに行くため数時間は肩に負担がかかります。そのために半ズボンタイプよりも走り終わった時に肩が凝ってしまいます。

ならば大きめのレーパンにしておけば肩が引っ張られることもないのではないかと考えました。しかし、単純にサイズを大きくすると太ももの部分がぶかぶかになってしまいます。この辺りがレーパンを購入するときにかなり悩むポイントになってしまいました。

また、同じMサイズなどと表示されてあっても会社によってその大きさはまちまちです。海外製のレーパンであればなおさらサイズ表記が当てになりません。

結局太ももがぶかぶかにならず、なおかつ肩への負担が無いものを探すためアウグーリオにあるレーパンすべてを試着することになりました。どれも海外製では私の場合、Mサイズでは小さく、Lサイズでは大きすぎるという感じになってしまいました。

クッションの性能ではアソスが一番いいらしいのですがこちらもMサイズは小さかったため使用できず、結局NWのものが一番体にしっくりきました。

やはりレーパンは体に直接触れている部分でもあるので実際に見て、できれば試着して選ぶのがいいだろうなと感じています。