ドイターのリュックを使用してみた感想

ロードバイクで荷物を運ぶ

ロードバイクという乗り物はいかに舗装路を速く走るかということに特化して作られています。そのため、不必要な部分は可能な限りそぎ落として最小限の素材だけで構成されています。

つまり、ある方面に特化するということはその他の利便性を失ってしまうということになります。ロードバイクの場合、重量の問題があるため特にその傾向が顕著に現れています。

私はロードバイクでたまに旅行に行くことがありますが、その際にはどうしても着替えなどの荷物が必要になってきます。しかし、ロードバイクでは「荷物を運ぶ機能」は速く走るためには必要ないため一切ありません。

そこで、以前まではトピークから発売されているダイナパックというカバンを使用していました。これは金具をシートポストに固定して使う大きなサドルバックのようなものです。大きさは9L程度でしたが1泊旅行程度ならば問題なく使用できました。

しかし、このダイナパックはカーボンフレームには使用できないということをカーボンフレームに変えてから気がつきました。金具で締め上げて固定するためカーボンに負担がかかるからです。

そこで急遽新しいカバンが必要になったのですが、カーボンフレームの場合はフレームに取り付けるタイプというのはあきらめて自分で背負うリュックタイプを探すことになりました。

そこでアウグーリオの住田さんに相談したところ、なんと住田さんがかつて使用していて今は新しく大きなバックを購入したため使っていないドイターのリュックがあるのであげようかと言ってくれたのです。ありがたく頂戴することにしました。

いただいたのはドイターのレースXエアーというリュックです。古いタイプなのか現行モデルとは少し形が違いますが、基本的な性能は同じだと思います。

ドイターレースXエアー

実際にドイターのリュックを使用してみるとやはり普通のリュックとは違いました。ロードバイクに乗った時のことを考えて作られているのです。

ロードバイクに普通のリュックを背負って走った時に問題になるのが、前傾姿勢になったところに背中のリュックの中にある荷物の重さが腰にかかってくるという点にあります。長時間走っているとかなりつらくなってきます。

また、荷物はいくつも入れるので背中の部分がデコボコになっていてへたをすると少しとんがった部分が背中や腰にあたって痛くなってくるということもあります。そのほかにも、荷物の重みで肩がものすごく凝ってしまうという問題もありました。

これらの問題を解決するためにドイターのリュックでは背中の面にネットのようなものがピンと張っており、立体形成して作られています。つまり、この立体形成によって背中と荷物の入ったカバン部分の間が空洞化しており、いくら荷物を詰め込んでも背中に荷物が当たって痛くなるということがありません。

Exif_JPEG_PICTURE

また、ピンと張ったネットが背中にあたっているということは、背中にかかる圧力が背中前面に分散されているということで体が感じる負担もかなり軽く感じました。このことによって肩の凝りもかなりましで助かりました。そのほか、背中部分に空洞があるおかげでチムニー(煙突)効果が発生するため、背中にかいた汗や熱気が発散されやすくなっていました。これも普通のリュックでは背中がビシャビシャになっていたので助かりました。

さて、そんないいことづくめのドイターバックですが、欠点もあります。というのは背中に空洞を作るように立体形成にしているということはその分だけリュックの内部が歪んだ構造になっているということです。

私がもらったリュックの容量は12Lだったのですが、実際に荷物を詰め込んでみると思ったよりは入りませんでした。9Lしか入らないダイナパックよりも確実に持って行ける荷物の量は少なかったです。

もし、ドイター製のリュックを購入される人がいるならば容量で判断すると失敗してしまうかもしれません。あまり入らないということを念頭に少し大きめのバックを購入される方がよいでしょう。