ロードバイクのウェア(サイクルジャージなど)の簡単で確実な整頓方法

増えるジャージ

ロードバイクに乗っているといろいろと増えていってしまうアイテムというのがあります。例えばライトだったり、ボトルだったりとすでに持っていても色やデザインなどで新しいものを購入してしまい増えてしまいます。

それ以外にも意外と増えてしまうものにウェア類があります。

ウェアはサイクルジャージなどはいろいろなデザインのものがあり、プロのジャージのレプリカのようなものもありますが、そもそも頻繁にロードバイクに乗るのならば洗い替え用に何着かが必要になってきます。

また、外の気温によって半袖ジャージを着る時もあれば長袖ジャージを着る時もあり、さらに寒ければジャケットが必要になることもあります。

同様にレーサーパンツにしても夏は半パンでいいですが、春や秋の時期にはレッグウォーマーと組み合わせたり、冬にはタイツを履くことになります。

このようにその時のシチュエーションによって着るものが変わってきますが、不思議とこのジャージにはこのレーパンという風に組み合わせが決まってくるものです。

そのように自分だけのこだわりが出てくるウェアですが、いざロードバイクで走りに行こうと思った時にタンスの中から「ジャージはどこだ」「レーパンはどこだ」と探すのは意外と手間がかかるものです。特に寒い冬の間などはパパッとタンスから取り出して着替えを済ませたいものです。

今まではこれらの解決方法はきちんと洗ってしまうときにどこに何があるのかをきちんと把握しておくことくらいだと考えていました。しかし、もっと簡単で確実な整頓方法を考える人というのはいるものです(参照)。

その方法は組み合わせたウェア類を一式まとめて100円ショップで購入できる洗濯ネットにまとめて入れておくやり方です。

ウェアの整頓方法

この方法ならば一目でどの組み合わせかもすぐにわかりますし、取り出すときにもいちいち探し出す必要というのもなくなります。特にコストもかからない最適な方法だなと思いました。これからはこの方法を活用していこうと思います。