ヘルメットは必ず高いものを選んで買うべきという話

ヘルメットについて聞いた話

先日落車してしまった際、地面に頭を打ち付けてしまいました。不幸中の幸いで2日ほど首に痛みが出ただけで後遺症などは残らなかったのですが、いよいよヘルメットを新しくしなければならないことになりました。

今回はヘルメットをかぶっていたおかげで大きな事故にならずに済みました。この経験からもやはりロードバイクに乗る際にはヘルメットは必ずかぶっていたほうがいいのは間違いないでしょう。

私が今まで使っていたヘルメットはこれで2回の落車を経験しており、さらには3年以上使い続けていました。本来はヘルメットというものは一度でも落車をしていたら交換するべきであり、また落車などヘルメットに衝撃を加えるような出来事が無くとも3年たてば交換しなければいけないようです。ヘルメットの耐久期間として3年を超えてしまうと事故の衝撃から頭部を守る性能が低下してしまっているからだといいます。

そこで今回はようやく新しいものを買いに行くことにしました。ヘルメットについては当初は今までと同じものをもう一度購入しようかと思っていました。しかし、行きつけのショップであるアウグーリオに以前購入したものが置いていなかったため、ほかのヘルメットをいろいろとかぶりながらヘルメットについて話を聞いてみました。

以前から使用していたのはOGKのLEFFというヘルメットで金額的には6千円程度のものです。しかし、このヘルメットは置いていなく、ほかのメーカーの種類のものは1万円から3万円までとなっています。

そこで一番気になるのはこの金額は高いものというのはいったい何が違ってくるのかということです。LEFFは安くとも私にとっては頭の形が合うため使いやすいというメリットがあったのです。安いものでもいいのではないかと考えていました。

しかし、ヘルメットは値段が高くなるほど主に「軽さ」「涼しさ」「耐久性」が違ってくるようです。

まず、軽さですが一度軽いものを使うともうそれ以外は使えなくなってしまうといいます。なぜならロードバイクの乗車姿勢が前傾姿勢になって頭を上にあげている状態になるため常に首に対して負担がかかっていることになります。もし、ヘルメットが軽ければ頭から首にかかる負担が違ってくるため特にロングライドの際には疲れ方が大きく変わってくるといいます。

また、涼しさもかなり違うようです。ロードバイクに乗る際にはただでさえ長距離を長い時間かけて太陽の日差しの下で体を動かし続けることになるため、この涼しさが違うことによっても疲れ方が変わってくるといいます。値段の高いものほど明らかに涼しさが感じられるということでした。

そして、もっとも重要なのが耐久性です。耐久性といっても先ほど出てきたように高いヘルメットでも3年たてば新しいものへと交換する必要があります。ここでいう耐久性というのは落車などで頭を地面などに打った時に頭部を守ってくれる性能のことだといいます。安いものと比べると高いヘルメットは明らかに違ってくるようです。

しかし、この防御性能は見た目ではさっぱりわかりません。また、気を付けてロードバイクに乗っていればそうそう事故にあうこともなくついついこの性能については軽視してしまいがちです。

ですがアウグーリオの住田さんのようにオートバイクレース出身者からしてみると「体(命)を守るものは一番いいものを使うべきだ」というのが常識だそうです。特にオートバイのレースでは必ずレース前にヘルメットやグローブ、服、バイクをきっちりと検査されて、わずかな傷が一つでもあっただけでもレースに出場できなくなるという決まりがあり、常に気を付けていたようです。

特にヘルメットは値段による性能差が顕著に現れていたようで性能の低いヘルメットを使って事故した知り合いで何人もの人が大変な目に合っているのをみたという話もしてくれました。命が無事でも脳に障害が残ってしまう人などがいたようです。

3年ごとに買い替える必要があるためあまり高価なものは躊躇してしまいますが、安全のためにもきちんとしたものを選んで購入する必要があるなと思いました。